スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインにあう料理

ワインにあう料理を紹介していきます。
まずは、チーズの盛り合わせ☆以前バーに行ったときに食べたのですが、そこのチーズの盛り合わせがおいしいことおいしいこと。以前からチーズは好きだったのですが、そこのを食べてからよりいっそう好きになりました。種類は確かゴルゴンぞーらとかカマンベールとかクリームチーズとかいっぱいあったと思います。また食べに行きたいです。
次に、家で飲むならやっぱりくらっつは欠かせないですね。ベーコンブラックペッパーとうとう三種類あるのですが、結構辛めの味付けがしてあって酒を飲むときには本当にあいますよ♪


スポンサーサイト

飲み残したワインはどれぐらい持ちますか?

冷蔵庫に入れておけば2,3日は楽しめますが、味わいは徐々におとろえていきます。出来れば空気が残らない小さな容器に移し替えるか、空気を抜いてしまうタイプの替え栓を使えば1週間程度持ちます。

ただし、長年熟成された上級ワインの場合は非常に繊細になっており、味わいのバランスが崩れやすいのでその日のうちに飲んでしまうことをおすすめします。

ワインの飲み頃の温度は?

一般に白やロゼは10度前後に冷やして、赤は15℃~18度程度が良いといわれています。
ただし、白でもスパークリングワインや甘味の多いワインは多少低めが良いようです。
また、赤ワインでも若のみタイプのライトなワインは少し冷やして飲みます。逆に熟成されたコクのあるワインは少し高めの温度のほうが良いとされています。

※冷凍庫に入れるのはやめてください
急ぐときには氷水につけると15分~20分程度でしっかり冷えます。



おいしいワインの飲み方

おいしいワインの飲み方

?購入してきたワインは少なくとも一週間くらい寝かせて保存します。年代モノのワインは少なくとも1ヶ月くらいは寝かせておきたいものです。

  ※比べて頂くと判るのですが、これでお味がビックリするくらい良くなります。

?澱があるようなワインは前日などに、立てておき、瓶の底に沈殿物を集めておきます。澱などが特にない軽いワインなどは、特に必要はありません。

?やっとここで全を抜きます(笑)。デイリーワインはまとめて購入されて、そのまま寝かせて保存しておけば、普段は、この?から始まるとは存じますが(笑)。

?ワイングラスに、一杯注ぎます。

?この、開けてすぐのワインを味わってみます。そこで・・・・、

 →美味しかったら、そのまま飲み続けましょう!

 →「すこし角があるなぁ」と思われたら、
  瓶を斜めにして、ワインと空気との接触面を大きくした状態で、
  1~4時間待ってから頂きましょう。

?このワインを空気に触れさせておく事を、

   「ワインが開くのを待つ」

  などと申します。どれくらい待つかは、ワインによっても、またそれを楽しまれる方々の趣味趣向、ワイン歴などによって様々でございます。正式などというものはございませんので^^;。
?開くのを待っている間に、ワインの温度が変わってしまったら、冷蔵庫などで少し調整するとよろしいかも知れません。冷やす場合は、冷やしすぎに注意でございます。

?飲み残したワインはコルクをして、冷蔵庫へ。翌日も美味しくお楽しみいただけます!

テーマ : グルメ情報!! - ジャンル : グルメ

プロフィール

ながやん11

Author:ながやん11
リーズナブルなワインをおいしく飲みたい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。